NMNの抗老化作用

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、全ての細胞に存在しており、摂取した栄養をエネルギーに変え、健康保持や美容、病気、内臓疾患の改善など、様々な効能をもたらします。ここでは、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドの抗老化作用について、ご説明します。

アンチエイジングまず、長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子を活性化させ、それにより寿命が延びると言われています。また、老化による目の衰えやアルツハイマーや心不全を防いだり、糖尿病の改善や骨密度の上昇の効果があるとされています。また、加齢により徐々に余分な脂肪が付いてきますが、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは代謝を上げいつまでもスリムで健康的な体型を維持出来る効果があります。更に、年を取ると食欲が低下してきますが、老いたマウスにニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを投与したところ、逆に食欲旺盛となり、それにも関わらず体形は通常脳マウスと比べると痩せていました。その他にもマウスによる実験で、細胞の活性化や若返りなどの様々な効果が確認されています。

老化のスピードには個人差がありますが、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを摂取する事によって老化を遅らせる事が出来ます。心疾患や糖尿病などの病気の他に、アンチエイジングへの期待も高まっています。