ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド (NMN)について

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)は、糖の一種であるリボースと、ニコチン酸のアミドであり、ビタミンB群の一種で水溶性ビタミンであるニコチンアミドに由来するヌクレオシドにリン酸基が結合した物質であるヌクレオチドです。牛乳など、様々なものに含まれています。糖尿病や臓器、目、脳などの老化による症状や衰えに歯止めをかけるとされる夢のような成分であり、若返りの薬として、注目を浴びています。ここでは、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドについてご説明します。

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、口に含む事はもちろん、石鹸やローションなどにして皮膚に付ける事も可能です。ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、私たち全員が体内に持っている物質であり、体内では、身体の機能を維持する為に必要となるNADと言う物質に変換されます。加齢によりこのNADは各臓器で徐々に減っていき、臓器を修復させる上で重要とされるニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを、体内で作る能力も衰えていきます。

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドの使用法には、病気の症状を改善させる治療薬として使用する方法と、日常的に摂取する事で各臓器の老化や、身体機能の衰えを予防する予防薬としての使用方法があると言えます。人は誰しも加齢により、老化現象が起こります。50代以降はニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを作る能力が衰えてくると言われています。老化防止、健康維持の為に、日常的にニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを摂取する事をお勧めします。